1人薬剤師とは?

1人薬剤師にはどのような魅力があるか

1人薬剤師という働き方に関心を持ちの方は、ここ最近増えてきています。1人薬剤師は、その名称通り1人で全ての業務を行う事になります。病院とのやり取りも全て1人で行いますし、1日の患者数もかなり多めです。数ある働き方の中でも、かなり忙しい方です。

調剤薬局では他の方々とのチームプレイが求められる事もあるのですが、1人薬剤師はそれもありません。あらゆる業務を1人で行うのが特徴的ですね。

ところでその働き方にはどのような魅力があるかというと、まずスキルアップです。何もかもを1人で行う以上は、自然と様々な事柄を勉強していくようになります。それで幅広いスキルを習得できる訳です。

他の同僚の方々と協力する職場ですと、それが難しい事はあります。というのも複数名が勤務する調剤薬局などでは、いわゆる分業制が採用されている事も多いです。

それだけに、スキルアップにも限界が生じる事もあります。しかし1人薬剤師なら、かなりのスキルアップも見込める訳です。

それと2つ目のメリットですが、コミュニケーション能力の上昇です。上述のように医師とやり取りをする機会も多いのですから、どうしても会話をする機会が増えてきます。

もちろん様々な患者とのやり取りもありますので、それだけコミュニケーションの機会が多い事だけは、ほぼ間違いありません。それに伴って、コミュニケーションのスキルもアップできる訳です。

そして3つ目のメリットが意外と大きく、収入は比較的高めになります。そもそも薬剤師の職場も、やはり収入は異なるのですね。それが高めな所もあれば、もちろんその逆の職場もあるのです。

1人薬剤師といる働き方ですと、かなりのスキルが求められますので、それだけ収入も高めな傾向があります。かなり高収入な1人薬剤師の方々も、珍しくありません。

大きく稼ぎたいと思うなら、1人薬剤師はおすすめです。このようなスキルアップや給料などに魅力を感じて、その働き方を望む方々も増加傾向にあります。

↑ PAGE TOP